そもそもFXで勝つとはどういうことなのか。資金が倍になること?数百万儲かること?高級外車を乗り回すこと?一言でFXで勝つといっても人それぞれ理想やゴールは違うと思います。

では、FXの専業トレーダーの中で勝つということはどういうことなのでしょうか。

おそらく皆同じことを言うはずです。

それは「勝ち続けること」

FXでは基本的に価格が今よりも上がると思えばロング(買い)、下がると思えばショート(売り)の売買を繰り返して収益を増やしていきます。要は半町の2つしかありません。

あなたが今、軍資金100万円をロング(買い)でエントリーし、予想通り価格はみるみる上昇していきました。ある程度の利益が出たところで価格が下がるのを恐れて決済。2,000円の収益が出たとしましょう。あなたは勝者です。もしこのまま来年までトレードをしなければ年間で負けなし。数分で2,000円も稼ぐなんてもうサラリーマンなんてやってられませんね。

ではそれで満足できましたか。

おそらくあなたの答えはNOのはずです。

もう言いたいことはわかると思いますが、FXは勝ち続けなければ意味がありません。逆に勝ち続けることが出来れば軍資金を1,000万円、1億円と増やすだけで同じトレードをしていて2万円、20万円と収益は増えていきます。それを知っていればFXで勝つ=勝ち続けることの意味が理解していただけると思います。実は勝つ金額なんてFXにおいてあまり意味を持たないのです。10万円を20万円に出来ない人は1億円を2億円にはできません。

では本題の勝てない仕組みとはどういうことなのか。

確率は50%なのに何故多くのトレーダーは負けているのか。

それは実は人間の本質の部分にあります。よくFXはメンタルだと言われますがその正体がここにあるのです。

FXで勝てない仕組み。

それはズバリ人間の本質が「損大利小」であるからです。

利益が出ている時は利益が減ってしまうのを恐れて早くに手仕舞いしてしまい、損が出ているときはまだ価格が戻ることに期待してずっと待ってしまう。その結果トレンドが自分の予想とは逆方向に発生してしまいみるみる損失が大きくなり、後悔するころには時すでに遅し。せっかくコツコツ利益を積み上げたのに、一撃のマイナスで軍資金は雀の涙程度になり、もう二度とFXをやることはなくなりましたとさ。

これがFX取引から退場していく一番多いパターンです。

そしてFXの専業トレーダーも魔法使いではないので、毎日こういった場面に遭遇します。もちろんどんな有名なトレーダーでも外資系ファンドマネージャーでも100発100中すべてで相場を当てるはずがありません。

では何故専業で利益を出し続けていけるのでしょうか。

何故勝ち続けられるのでしょうか。

それは「結果的に勝てる仕組み」を各々が確立しているからに他なりません。

ここで重要なのは「結果的」ということ。

何度もいいますがどんなトレーダーも予想とは逆方向に相場が動いてしまうことはたくさんあります。その時の対処法、考え方、ルールがしっかりとしているから結果的に勝ち続けられるのです。

FXの必勝法とは結果的に負けない方法といってもいいかもしれません。

あなたはどうやったら予想通りの相場が読めるようになるのかだけを考えていませんか。もちろんそれはすごく大事なことです。でも実はそれよりも絶対に遭遇する相場が自分の予想と反したときにどうのようなオペレーションをするかのほうがもっと大切です。

それさえマスターすれば資金が底をついたり、せっかく積み上げた利益をすべて失うようなことはなくなります。

3歩歩いて2歩下がれば1歩は進んでいることがFXにおいてすごく大切なのです。